Home Lotus Notes Notesメール移行 Office365

Notesメール移行 Office365

157
SHARE
Notesメール移行 Office365

何千人ものLotusNotesユーザーが Notesメール移行 Office365 を目指しています。 Lotus Notesインターフェースの複雑さは、データを移行する主な理由の1つです。

Office 365データファイルを評価すると、電子メールメールボックスをスムーズに管理するための本格的な機能が含まれていることがわかります。 さらに、小規模組織と大規模組織の両方で使用されています。 現代の企業で専門的な仕事を成し遂げるために必要な基本的な生産性アプリケーションを提供します。

このブログでは、Notes Office365 メール移行 のための最も効果的で信頼できる方法を探ります。

Notesメール移行 Office365 の主な理由

  • LotusNotesのインターフェイスは複雑です。 技術的な知識が少ないユーザーは、使用が非常に難しいと感じています。
  • Office 365は、LotusNotesと比較してデータ破損の可能性が低くなっています。
  • Lotus Notesは、データベースをメールボックスに保存するために大量のRAMを必要とします。 そのため、ユーザーにとって手頃で高価なオプションになります。
  • Lotus Notesのメンテナンスは、Office 365と比較して高すぎてコストがかかります。これは、Notes Office365 移行 メリッ を採用する主な理由でもあります。

Notesメール移行 Office365 への手動アプローチ

手動の手法では、ユーザーがLotusからの移行を暗示できるようにするIMAPコネクタを使用します Notes Office365 メール移行 。従う必要のある手順は次のとおりです。

ステップ1:NSFデータファイルのバックアップを作成する

最も重要なステップは、次のとおりです。LotusNotesユーザーのメールボックス全体のバックアップを作成して、手動によるアプローチを実践しながら、あらゆる種類のデータ損失を回避できるようにすることです。

ステップ2:ユーザー用の新しいメールボックスを作成する

次のステップでは、LotusNotes電子メールクライアントの既存のプロファイルユーザーごとに新しいメールボックスを作成します。

手順3:IMAP TCP / IPポートを有効にする

ここで、LotusNotesのすべてのアクティブユーザーに対してIMAPを有効にします。従う手順は次のとおりです。

1. IBMNotes内でDominoAdministratorを開きます。
2. Notes 移行 Office365 の構成 タブをクリックします。
3.IMAPサービスを実行するサーバードキュメントを開きます。
4.次に、[ポート] >> [インターネットポート]をクリックします。そして最後に[メール]タブをクリックします。
5. IMAP列を選択し、リストからTCP / IPポートステータス を有効にします。

ステップ4:IMAPコネクタと同期する

IMAPコネクタを使用して、Lotusの Notesメール移行 Office365 環境と同期します。

IMAPコネクタに関連する欠点は何ですか?

1. Lotus Notesのファイアウォールとプロキシサーバーは、インターネットアクセスを防止します。
2. Lotus Notes電子メールクライアントが無効になっている場合、IMAPコネクタは接続されません。
3.IMAPコネクタを介してOffice365に移行できるのは、オンラインのLotusNotesデータのみです。
4.サイズが1GBを超えるNSFファイルは、IMAPコネクタを使用してO365に移行できません。
5.「Notesメール移行 Office365」の手動による方法には、複雑で時間のかかるプロセスが含まれます。

手動による方法が使いにくい場合。 次に、読み続けて、Professionalソリューションを介してLotusの Notes Office365 移行ツール をエクスポートする最も簡単なアプローチを学びます。 利点を知るためにセクション全体を読んでください。

Notes Office365 移行ツール からの専門的なアプローチ

Lotus NotesからOfficeへの移行アプリケーションを使用すると、すべての手動の欠点を簡単に回避できます。 メタデータ情報をそのままに保ちながら、複数のNSFファイルをインポートするのに役立ちます。 完全なNSFデータアイテムを目的のOffice365アカウントに移行するのに役立ちます。 このアプリケーションの機能は、ユーザーのニーズを詳細に分析および調査した後、プログラムおよび統合されます。

直接的なアプローチ-Lotus Notesメール移行 Office365

参照画像を使用して、ソリューションの詳細な手順を説明しました。

ダウンロード中

  • ソフトウェアパネルで、[ソースプラットフォーム]を[Lotus Notes]として、[宛先プラットフォーム]を[Office365]として選択します。

Notesメール移行 Office365

  • 必要なカテゴリを選択し、それに応じて日付範囲フィルターを適用して、日付ごとにデータを移行します。

Notes Office365 移行ツール

  • LotusNotesアカウントとOffice365アカウントの両方に有効な管理者クレデンシャルを入力します。

Notes Office365 メール移行

  • 宛先とソースのユーザーメールボックスをマップし、LotusDominoからOffice365クライアントへの移行を開始します。

Notes 移行 Office365

ソフトウェアによって提供されるいくつかの革新的な機能は次のとおりです。

  • バルクNSFデータアイテムをOffice365にエクスポートします。
  • LotusNotesメールボックスアイテムをO365に変換するための選択的なアプローチ。
  • Office365への日付ごとのデータ移行のための日付範囲フィルター機能。
  • デルタ移行を実行して、新しいNSFデータファイルをO365クラウドにエクスポートします。
  • 移行手順を再実行して、欠落またはスキップされたNSFデータファイルを移動します。
  • 好みに応じて、優先度をLotusNotesメールボックスに設定します。
  • ユーザーに応じて、LotusNotesメールボックスの優先順位を設定します。
  • バッチ単位のLotusNotesメールボックスの同時移行。
  • 目的のOffice365のNSFメールボックスをマップするためのグループマッピング機能。
  • 停電、インターネット供給不足などの問題が発生した場合に、失敗したアイテムの移行を再試行するための事前オプション。

結論

このブログは、Notesメール移行 Office365 の解決策を探しているユーザー専用です。 LotusNotesデータを移行するための手動および自動のアプローチを提供しました。 手動による方法に時間がかかるか複雑であると感じた場合は、複数の詳細設定を提供することで、データを失うことなく移行を成功させることができるプロフェッショナルなソリューションを利用できます。

SHARE
A freelancer who is very much keen & passionate about new technologies, Science & Researches. Love to write and share it with folks.